尾瀬フィッシングライブへの釣行 Trout@Fishing -釣り情報発信サイト-

尾瀬フィッシングライブへの釣行

夏もいよいよ本格化し、

トラウトにとっても釣り人にとっても厳しい季節となってきました(#@#)


ここ最近の気温上昇によって、

釣り場の藻の発生具合も活発なようで

重めのルアーで沈めてトレースしようとすると

藻が付着してしまい気になるところです。


しかし、それとは逆に藻の発生により

水中生物の活動が活性化し

トラウトが捕食モードに入ってくれれば

暑さも吹き飛ぶ楽しい釣りができますね♪


群馬県は沼田市にある尾瀬フィッシングライブ

ここのパワフルなトラウトとの駆け引きが癖になり、

最近の一番のお気に入りです!


まずここのトラウトは魚体が非常に美しい!!

そしてひれピンなのでパワーが他の管理釣り場の

トラウトとは一味も二味も違うんです。


あと、時々回遊してくるイトウを見たら

きっとその大きさに驚くでしょうね!


いつか掛けてみたいとは思いますが、

私のトラウトタックルではあっという間に

切られて終わりでしょうね…


しかし本当に立派なトラウトが多い場所ですよ。


釣行した日はまさにピーカンの晴れ、

AM7:30頃釣り場に到着し、

日向の気温上昇を避けるため、

日陰の多い場所をこの日の実釣ポイントとしました。


朝のうちはぽつぽつアタリがありましたが、

さすがに日中は厳しい様子…

周りの人たちも苦戦を強いられていましたね。


こういった厳しい状況下で

釣果を上げるためにはどうしたらよいものか…


冬の時期であれば、ボトムをゆっくり責めるのが有効ですが、

どうも夏の季節は攻めどころが難しい。


この日釣果の上がっていた人に聞いたところ、

やはり狙い目は中層よりも下層と表層であったとのこと。


夏の水温が上昇して喰い付きが悪くなったトラウトには、

ゆっくり捲いてもウォブリングを維持できるルアーが

これまでの経験上有効なように思えます。


スプーンの場合にはシルエットの大きな幅広スプーンを、

プラグの場合には表層をゆらりとウォブリングしてくれる

フローティングの虫系プラグが有効ですかね。


ちなみに私のお勧めは、

スプーンではMIU 3.5gですね♪







そして、プラグではティムコの "ACクランク"ですね!







MIUは、飛距離も非常によく出ますし、

さらに動きが遅捲きの状態でもよく動いてくれます。

尾瀬フィッシングライブでは一番釣果の高いスプーン

といってもよいのではないでしょうかね。


そして、ACクランクは使ってみればよくわかりますが、

レンジキープが非常にしやすく、

遅捲きでも本当によく泳ぎます。

ロッドを水面と平行かちょっと下向きにして

ゆっくりゆっくり捲いてみてください。

表層近くにいるトラウトが後を追ってくるのがわかりますよ(^@^)


真夏の管理釣り場、

日差しが強くて厳しい状況ではありますが、

そんな時こそ普段使っていないルアーや

釣法を試すと意外に良い思いが出来たりしますよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103483017
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。