発光路の森フィッシング・エリア Trout@Fishing -釣り情報発信サイト-

発光路の森フィッシング・エリア

本日ご紹介する管理釣り場は、こちらも最近良く雑誌で見かけます"アウトドアビレッジ発光路の森フィッシング・エリア"です。
皆さんももうすでに行ったことのある方多いと思いますが、こちらの管釣りは栃木県に位置する、静かな山間の緑に囲まれたロケーション抜群の釣り場です。栃木県の山奥にあるということで、ロケーションだけでなく水量も非常に豊富で、沢からの伏流水を引いており魚達の状態は最高ですよわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)るんるん
ここの釣り場の魅力は、大型のトラウトももちろんですが、イワナやヤマメといった渓流魚たちが豊富に放流されているところですねexclamation×2
特に秋〜冬季の間は渓流が禁猟となり、なかなかお目にかかる機会も減ってきますので、イワナやヤマメ好きの方にはお勧めですね。
ポンドはイワナ&ヤマメ中心の1号池と、2号池と3号池は小型〜中型までの多魚種が放流されており、魚種についても釣り人を飽きさせないバラエティーに富んだ構成となっています。
冬季に釣果をあげるためのポイントは、やはりボトム・トレースでしょうね。
的確にボトムをとることが出来れば、高確率でバイトを取れると思います。
しかし、ボトムをとる釣りは以外に難しいですよね。
ルアーは基本的にリールを巻き、水の抵抗を利用することでアクションを起こさせますが、どうしても浮いてきてしまいます。
特に初級者の方にとっては表層トレース同様に難しいものです。
しかし、最近のルアーはとても機能的なものが多く販売されていますので、初心者の方でも心配後無用exclamation×2
僕のお勧めは、ラッキークラフトの"ボトム・クラピー"ですねexclamation

ボトム・クラピー グロー・カニミソ
crapii.jpg

こちらのルアーは、冬季の低温時に魚がボトム付近に集中し動きが鈍くなってきたタフ・コンディションにおいて、その独特の左右へのアクションとポンドの底を這うような動きで、反応の鈍くなった魚達に強烈にアピールします。
僕も色々な場所でこのルアーを使用してきましたが、基本的にどんなポンドでも有効に利用できる優れたルアーですexclamation×2
また、ボトムのみをトレースするだけでなく、竿のポジション(構える高さ)を変えることでトレースする水深をコントロールすることができます。
これから迎える冬の季節、このルアーは必携アイテムですよわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)るんるん

ボトム・クラピー(ラッキー・クラフト)
全長:38mm
重量:3.7g
タイプ:スローフローティング
お勧めカラー:グロー・カニミソ(オオツカ オリジナル)
この記事へのコメント
ルアーマンの皆さん、フックはシングル・バーブレスに交換しましょうね!!
Posted by yukihiro at 2007年02月11日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。