生きる化石 シーラーカンス Trout@Fishing -釣り情報発信サイト-

生きる化石 シーラーカンス

本日は一風変わった写真をご紹介しましょうexclamation×2
みなさん"シーラーカンス"という魚はご存知ですか?
シーラカンスは、4億1600万年前から3億6700万年前の古生代デヴォン紀中期に出現し、白亜紀に恐竜とともに絶滅したと言われていた古代魚です。
1938年12月22日に南アフリカで発見されて以来、アフリカ大陸東南部でその生息が確認されていますが、生きる化石と言われているように古代のままの形で生き残っている種族です。
現生種はワシントン条約附属書 I にリストされていて、商業目的の取引は禁じられており、一般に見ることはほとんどできません。
ちなみにこの魚は、深海魚で水深150〜700mに生息しているそうです。
なんとも神秘的でロマンのある魚、見た目はちょっと怖いですが、積み重ねてきた歴史をほうふつとさせるその容姿は、地球の歴史の長さを伝える貴重な存在ですねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
この写真を撮ったのは、お台場の東京税関で、研修でここへ行ったときにたまたま展示してあった剥製をとったものです。
シーラカンスの名前こそ以前から知っていましたが、実際にその姿を見たのは初めてで、他の展示品には目もくれずにひたすら観察してきてしまいましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
ちょっと怖いような容姿ですが、僕個人の意見としてはとってもカッコいいスタイルに思え、釣りバカだけに「こんな魚とファイトしたいなー…」なんて思ってしまいましたたらーっ(汗)

生きている化石 シーラカンス
200611271114000.jpg

200611271115000.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。