Trout@Fishing -釣り情報発信サイト-

メガバス パガーニ・トラウトのリアルな情報

本日は、よく写真でご紹介しているT.Oさんの愛用ロッド、"メガバス パガーニ・トラウトシリーズ" についての生の意見を聞いてきましたexclamation×2
実際に使用している方の生声なので、是非ご参考にしてください。
このロッド、どうやら本当に使いやすそうですねexclamation×2
特に夏場のバス・フィッシングがメインの方には相性抜群なのではないでしょうかexclamation&question

rod1.gif

【T.Oさんの感想はここから】
バス釣りがメイン、冬場はバスが釣れないのでトラウトに転向。
バス釣り業界では誰もが一目置いている有名ブランド「メガバス」。
メガバス愛好家、でも冬場はトラウト。
そんな困った人たちにとって、このパガーニトラウトシリーズはまさに天使のような存在であろう。
バス業界ではその存在価値はとても大きく、「経験」と「エンジニアリング」を見事に融合させ、機能性と所有感を存分に持ち合わせたロッド。デストロイヤーシリーズ。
このテクノロジーをitoエンジニアリングで更にブラッシュアアップし、「遊び心」と「癒し」のエッセンスを織り交ぜて出来上がったのがこのパガーニシリーズ。
デストロイヤーには、歴史やブランドイメージが強く、従来の「流れ」からの大きな軌道変更は難しい。しかし、パガーニは存在意義そのものに「自由」を感じる。
 流行りのエリアフィッシングギアとして採用するにはもってこいのブランドだろう。
グリーンを基調としたチェック柄の布製ロッドケース(袋)。高級コルクの温かみのあるグリップ。グリーンのブランクスとシングルフットガイド。ガイドフットには「可愛らしい」柄のスレッド。「癒し」を感じる要素が要所要所に見られている。デストロイヤーに描かれているような、「刀」「大蛇」から醸し出す狩猟本能をくすぐるような演出はパガーニには無い。ただ、リールシートにカラフルな蝶の姿が描かれている。
メガバス製のトラウトロッド。新製品情報でメディアに告知された当初は、デストロイヤーの延長線上で捉えていたので、「掛け」重視で高感度の張りのある竿をイメージしていた。
現物を入手し、振ってみる。根元からブルブルと曲がるが、撓りの反動で戻る瞬間に、ものすごく強いコシを感じられる。
ウェイトバランスはフラットか、若干グリップ側に重心が置かれている模様。最近は200gを下回るような超軽量のスピニングリールが存在しているが、それらとの相性が良さそう。

実釣
キャストタイミングが最初は少しつかみにくいが、慣れてくるとインパクトの瞬間を明確に感じることができる。(私見だが、バスロッドと比較するともちろん、一般的なトラウトロッドよりも少し遅めにラインをリリースすることでインパクトを捉えることができるように感じる。)
リトリーブ。最近のマニア向けのエリアロッドはダラリと柔らかいものが多く、リトリーブ時にロッドティップが自然とお辞儀をしてしまうようなものもある。これは人の好みの問題かと思うが、パガーニのティップは姿勢が良い。
バイト。エリアトラウトフィッシングにおいて、バイトの取りやすさ、要は「感度」はフィネスのバスフィッシングほどロッドへ依存しないと思う。相当のウェイトを占めるのはリール性能のように思える。よって、このロッドの感度が良いとか悪いとかについては触れない。ただ、「アタリ」を感じた後の巻き合わせやロッドアクションによる合わせ「心地」」はとても気持ちが良い。無理に掛ける、とか、大合わせしないと乗らない、といったことは無い。要は丁度良いテイストで仕上がっていると感じる。
プロ競技や職業漁で用いるアイテムではなく、エリアフィッシングで使う「遊び道具」である。そういう観点からすると、このロッドはとても素晴らしいと思える。基本性能ももちろんであるが、やはりメガバス・itoエンジニアリングの商品価値として特長的な「使っていて満足できる。」「所有しているだけで気持ちが高まる。」という不思議な魅力は十分宿っていると感じられる。
私自身、このロッドを使い始めて釣果が格段に伸びた、とは思わないが、釣りに夢中になれる時間や、釣行前夜の気持ちの高揚やメンテナンスの頻度は格段に増幅したようだ。

おすすめロッドご紹介-メガバス パガーニトラウト

本日は私のおすすめのロッドをご紹介しましょうexclamation×2
以前より何度か当ブログにてご紹介しております、大物ドナルドソンばかり釣り上げているT.Oさんご愛用のロッドの"メガバス パガーニ・トラウト"ですexclamation×2

rod1.gif

このロッドは、メガバス初の本格トラウトロッドとして発売されたもので、人気も上々な一品です。
その特徴は、PT-56XUL〜PT-63XULまでは主にエリア用のロッドとしての性能を持っており、マイクロスプーンを使用した超繊細な釣りから、モンスター級のドナルドソン等とのファイトにも適した、マルチプレックスグラファイト・ブランクを使っています。
確かに、T.Oさんはいつ巻いたのか分からないようなラインを使っていても70cm級のドナルドソンをあげてますし、以前超ド級の80cmクラスのドナルドソンを上げたときにも、強烈な引きにも負けずにファイトしていましたね。
それって、やはりこのロッドの持つ性能のおかげなんですかねexclamation&question
確かに、このロッドを借りた時に、「マイクロスプーンからプラグまで使える使いやすいロッドだなと」感じましたね。
トラウトシーズンが本格的になり、各ポンドにも大物トラウトが放流され始めています。
確実なファイトを実現する為にも、ぜひ使い勝手の良いロッドを用意しておきましょうパンチ
ちなみに、こちらのメガバス パガーニ、現在"楽天"で消費税還元イベントをやってますのでお安く購入できますよexclamation×2
こちらの歳末セールもお見逃し無くひらめき

冬季のおすすめルアー

本日は久々に僕のおすすめルアーをご紹介したいと思います。
今年スかジットデザインより発売されたクランクの"ナッツ"、大人気のようですねexclamation×2
僕は発売当初に釣具屋(行きつけはプロショップオオツカですわーい(嬉しい顔))へ駆け込み、オリーブとブラックとカラシ色を購入exclamation×2
翌日早速管釣りへその実力を試しに行きましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
その結果は…まあまあかな…ってことでその後は購入せずにいましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
しかし、最近このルアーの調子がすこぶるよくなってきてるんですよexclamation×2
先日の尾瀬フィッシングアリアへ行ったときも、このルアーが大活躍でしたるんるん
特に魚の動きが鈍ってくる時間帯には効果的でしたねぴかぴか(新しい)
そんなわけで、春先に購入したルアーを今更ながら見直している僕ですが、その理由を先日リールを巻きながら考えてみました。
思い返すと、ナッツを初めて使った時の状況は、スプーンが効果的で特にジャックポット・スプーン 1.5gダイワ PRESSO WITCH 1.4gといった細長スプーンが大当たりしてましたから、丸っこいナッツはあまりお魚にとって人気が無かったのですねあせあせ(飛び散る汗)
しかし、現在のように気温・水温ともに低下してきて、魚の動きが鈍ってくると、ルアーの遅巻きがとっても効果的になってきます。
このナッツは、そんな遅巻きに最適なルアーであり、かつスプーンの様に泳がせるレンジを調整できますexclamation×2
これが最大の魅力でしょうねパンチ
竿を立てれば上層を、竿をねかせれば下層をトレースできるので、魚の動きに合わせて水のレンジを調整できます。
スプーンよりもゆっくり引けて、スプーンのように幅広いレンジが探れるこのルアー、是非おすすめですねーわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
昨今このナッツに新色が加わりましたexclamation
このナッツ怒涛のカラーリストを見ると、本当に悩んじゃいますねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ナッツの画像です



巨大ドナルドソンの巻

またまた僕の連れがドナルドソン 70cmを釣り上げましたexclamation×2
しかも、この方は基本的にバス釣りが好きなので、この日使用していたラインなんていつ巻いたかわかんないくらい前のものらしいんです…たらーっ(汗)
僕なんていつも大物が掛かったときの為に、新品のラインを用意して臨んでいますが、それでも切られちゃったりしますたらーっ(汗)
なのにどうして…とちょっとだけジェラシーを感じてしまう今日この頃です。
さて、このドナを釣り上げた時は、3.5gのスプーンを使用していたので、ボトムの釣りだったようですね。
さすがに尾瀬辺りまで行くと気温も朝は氷点下、昼間でも10℃程度と寒いので、魚もボトムに沈んでうごかなくなってしまいますね。
でも、夏場はPM2:00〜PM4:00くらいまで活性が下がって釣れない時間がありましたが、この季節はこの午後が狙い目ですねぴかぴか(新しい)
最近よく思うのですが、なぜ大物のマス類は釣れないときは全く釣れず、釣れだすとポンポンと釣れてしまうのでしょうかねexclamation&question
僕がよく行く釣り場では、殆どがこのパターンです。
あまり高活性にならない大物のマスが動き出す時間は、全体の活性が高くなっている証拠なのでしょうかexclamation&question
ただでさえあまり動かない大物が動き出すのですから、中・小型のマスの活性も高くなってよいはずですよね。
でも、そうともいえないのが現実、逆に大物しか釣れない時間帯なんてのもあるんですよねー(長音記号1)exclamation×2
今の時季であれば午後2:00頃が一番の大物をGETできる時間帯ですexclamation×2
もちろん朝まずめも同様ですが、人間の方としては午後の方が活性高く釣りできるからありがたいですよねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
この時季のマスは非常に引きが強くなっていますパンチ
大物を狙うなら、是非この時間帯に狙ってみてくださいねわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)るんるん

ドナルドソン 70cm
donaldo.gif
埼玉県在住のT・Oさん
ルアー: MIU(白/緑) 3.5g

尾瀬フィッシングライブ速報

先週の土曜日に、またまた尾瀬フィッシングライブへ行ってきてしまいましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)パンチ
今の尾瀬は本当に最高ですどんっ(衝撃)
ここの所不調だった僕ですが、この日はとっても状態がよく、よく釣れて久々の大満足といった感じでしたexclamation×2
この日特によかったのは、ペレット・スプーン(通称:ペレスプ)スティック・ルアーでしたね。
特にスティック・ルアーは、本当によく釣れました。
このルアーが発売され始めた頃は、レギュラー・スプーン好きな僕はあまり使いませんでした。
それは、なんかプラグのようでプラグでなく、スプーンのようでスプーンでないこのルアーに、いまいち魅力を感じなかったからです。
でも、昨今雑誌等で騒がれはじめたのでとりあえず使ってみるようになり、この日も釣りの上手い連れの薦めで使ってみました。
するとどうでしょうexclamationあっという間に連続ヒットexclamation×2
超遅巻きで水中をゆらゆらと泳ぐこのルアーに、魚達は異常によい反応を見せましたどんっ(衝撃)
本当にスティック・ルアーはよく釣れますねぴかぴか(新しい)
どうしても普段スプーンを使っているからか、巻きのスピードが速くなりがちですが、そこをこらえてゆっくり巻けば釣果がグッと伸びましたねるんるん
もちろんこの日は他のルアーにも反応はよく、充実した釣行となりました。
本日はこの日釣り上げたヒレピンのニジマス君のお写真をアップしておきますexclamation×2
皆さん、今の尾瀬フィッシングライブは本当にオススメですよぴかぴか(新しい)
まだまだ大物たくさん入って回遊中ですわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)るんるん

本日ご紹介のヒレピンニジマス
masu2.jpg
masu1.jpg
200611251611000.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。