Trout@Fishing -釣り情報発信サイト-

スプーンで渓流魚釣り

渓流でのルアー釣りというと、ミノーが代表的でほとんどのアングラーが利用していると思います。
ミノーは流れに対する対応力、アクションの強さ、アピール度、操作性において渓流での釣りに対しては絶対的に有利なルアーですねひらめき
しかし、もう1つ忘れてはならないルアーがありますexclamation×2
それは…、スプーンですねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
えっ、スプーンは止水エリアで使うものってexclamation&question
いえいえ、スプーンはあらゆる状況でも有効に働いてくれる優れものなんですよexclamation×2
例えば、先日もご紹介しましたが、ブラックバス(or スモールマウスバス)に対しても有効ですし、海でも小型の魚であれば釣ることが出来ます。
私がよく一緒に釣りをさせていただいている、テスターの広瀬さんは、よく宮城アングラーズヴィレッジで鯰(なまず)を釣っていましたねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
渓流用のスプーンとして、ハス・スプーンがありますが、なにもこのハス・スプーンでなくても管理釣り場用のマイクロ・スプーンで十分に釣ることが出来ますよexclamation×2
よくよく考えてみると、マイクロ・スプーンは小さな水生昆虫や餌に見えなくもないですよねひらめき
その使い方は、基本的には表層を意識させた釣りになります。
リールの巻きスピードも、下流から上流に投げる場合にはちょっと速いかなと思うくらい、上流から下流に投げる場合にはメチャクチャゆっくり巻いていきましょうひらめき
僕の経験では、このマイクロ・スプーンを使った場合には、比較的着水と同時に食いついてくるケースが多いように思います。
確かに、ミノーほどのアピール力は無い為釣果はそれほど期待できませんが、僕の実績では1日マイクロ・スプーンで釣って8匹のヤマメを釣り上げた実績がありますexclamation×2
たまには違った道具で渓流をせめて見ると、普段気づかないポイントも見えてきますよわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)るんるん

渓流釣りのポイント

先日の渓流サイト"ようらく渓流釣り場"の続きとして、時季はずれになってしまいますが、渓流釣りについて語りたいと思います。
アングラーの皆さんは、どのくらい渓流釣りをしたことがありますか?
私は基本的に毎年群馬県の上野村というところに釣行に行っています。
ここはヤマメのメッカなのですが、本当に渓流魚って美しいですよねexclamation×2
私が人生で初めて釣り上げたのがこのヤマメで、パーマークと銀色の肌の輝きにめまいがしそうなくらい嬉しくて喜んだことを今でも覚えていますぴかぴか(新しい)
その時のルアーは、以前にもご紹介しましたがスミスのD-Contactで、タックルは竿が同じくスミスの"BUNSUIREY(ブンスイレイ)58"でリールがダイワの"ルビアス"、糸がクレハの"リバージ 2.5ポンド"でしたね。
渓流の流れは見た目以上に早く、初めて挑戦したときはほとんどルアー・コントロール出来ていませんでしたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
ルアーがコントロールできなければ当然魚も釣れず、初日は結局ボウズ…もうやだ〜(悲しい顔)
数日後リベンジを誓い上野村へexclamation×2
今度は前回の反省を踏まえ、渓流の狙い目について研究していきました。
管理釣り場での経験しかなかった僕は、渓流魚が岩の間に隠れていることを全く意識せず、ただ水深の深そうなところにルアーを投げているだけだったのですたらーっ(汗)
今考えれば当たり前のことなんですがね…わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
そして、岩陰の付近をなめるようにトレース、かつ知人から流れの中でのルアーの泳がせ方をレクチャーしてもらい、前回は狙おうともしなかった流れの速いポイントを狙ってキャストしましたひらめき
不安を抱えながら2時間ほどたったとき、「ゴンどんっ(衝撃)」という衝撃とともに竿がしなりましたexclamation×2
そして獲得したのが初物のヤマメだったのですねー(長音記号1)
感動的な瞬間でしたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
そうです、渓流釣りのポイントは、普段の管理釣り場ではあまり目にすることの無い浅くて急流のポイントを狙っていくということなのですexclamation×2
初心者がみると、明らかに魚がいなそうなポイントですが、実はその両端の岩陰や急流の中に魚は隠れています。
もちろん魚は外から見えないようなところに身を潜めているわけですから…。
なので、これから渓流に挑戦しうようと思っている方、そしてまだ一匹も釣ったことの無い方、ちょっと魚の気持ちになって、目に付かないようなポイントを探しながらチャレンジすればきっと待望の渓流魚第一号をGETできますよexclamation×2
すでに渓流をなさっている方には物足りない内容となってしまいましたが、今日は初心者の方向けのアドバイスを述べさせていただきましたひらめき
他にも注意点等ありましたら何かご教授ください、お願いしますひらめき
タグ:渓流 釣り

ようらく渓流釣り場

本日ご紹介する釣り場は、これまでとはちょっと違った渓流を利用した釣り場です。その名も"ようらく渓流釣り場"で、群馬県にあります。
ここは、利根水系の渓流を利用しており、標高650-800m、船子川上流に位置し全長2kmにおよぶダイナミックな釣り場ですexclamation×2
渓流での釣りは初心者にとっては極めて困難で、ウエダーなどの必要な装備も一通りそろえなければならず、機会があまり無い人にとってはなかなか手の出しにくい領域ですよね。
そんな方におすすめなのが、やはりこういった渓流を利用した管理釣り場でしょうexclamation×2
山梨県にある"Fish On 鹿留"や長野県の"鹿島槍フィッシング・センター"もそうですが、実際の渓流に非常に近い状態で渓流釣りを体験することが出来ます。
渓流の釣りは、一般的な管理釣り場の止水エリアでの釣りとは大きく異なってきます。
一番の違いはやはり"水の流れ"でしょうねexclamation×2
初めて渓流をやる人が一番驚くのは、意外に早く力強い水の流れですね。
足のすねあたりまでの水深でも、歩くのが大変になるくらい強いんですよ。
そんな状況下でルアーをキャストし、思い描いたラインをトレースしてくるわけですから、大変ですよねーどんっ(衝撃)
しかし、初心者のかたでもキャストやトレースのポイントさえ分かれば問題なく釣りを楽しむことが出来ますわーい(嬉しい顔)
そして渓流サイトの釣りの魅力は、何といってもロケーションでしょうねぴかぴか(新しい)
緑の木々と山のせせらぎに包まれた環境に身をおいているだけでも癒されますぴかぴか(新しい)
そんな素敵な釣り場である"ようらく渓流釣り場"へ機会がありましたら一度いってみてくださいねexclamation×2

ようらく渓流釣り場
住所: 群馬県多野郡神流町持倉570
TEL: 0274-57-2519
定休日: 12/31と元旦、毎週月曜(祝日は営業)
営業時間: 8:00-16:00(11月-1月)
URL: http://www.yoraku.com/

赤城フィッシングフィールド

本日ご紹介する管理釣り場は、"赤城フィッシングフィールド"です。
この管理釣り場は、群馬県勢多郡新里村にあり、赤城山の豊かな自然に囲まれた釣り場です。
ポンドは50×100mの池が1つで、水深3-4mの噴水があるポンドです。
ここの管釣りの特徴は、やはり魚の状態が非常によくて魚体がとっても美しいところですexclamation×2
アベレージも35cm以上と大きく、ヒレピンな魚達はパワフルで魚との駆け引きを十分に堪能できる場所です。
特に、ここのニジマスとスチールヘッドは他の管釣りと比べると桁違いに良い状態となっていますひらめき
その秘密は、オーナーが魚をとても大事にしていることと、ここを訪れる釣り人達のマナーが非常に良いというところにあります。
毎週木曜日と金曜日は魚を休ませる為の休業日となっており、レギュレーションもシングル・バーブレスフックのみとなっています。
また、当然リリースする場合にはラバーネットのみの使用となりますので注意しましょう。
最近、多くの管理釣り場でシングル・バーブレスフックのレギュレーションが定められるようになりましたが、やはり管理釣り場で行うスポーツフィッシングにおいてはシングル・バーブレスフックが一番適切でしょうねexclamation
リリースがしやすい為、魚を傷つけずに逃がせますし、何より釣り人にとっても安全なアイテムですよね。
僕もこれまで色々な管理釣り場を見てきましたが、釣った魚を足で蹴ってリリースしたり、タバコをポイ捨てしたり、ゴミを置きっ放しにしたりとマナーの悪い人を良く見かけます。
僕が思うのは、「なぜあんなにロケーションの良い場所を汚す気になるのだろう」、「なぜ綺麗な魚体をあんな風に扱うことができるのだろう」ということです。
ましてや、周りには子供達もいます。
大人のアングラーの方々には、是非子供達に正しい釣りのマナーを見せてあげて欲しいですねわーい(嬉しい顔)
そうすれば、きっといつまでも楽しい釣りをすることができますからねるんるん
さてさて、とにかくこの赤城フィッシングフィールドではマナーの良い方々が多いのでとっても綺麗な釣り場です。
マナーのポイントが分からない場合には、オーナーに聞いておくのが良いでしょうねexclamation×2

赤城フィッシングフィールド
住所: 群馬県勢多郡新里村大字赤城山630-1
TEL: 0277-70-2188
営業時間:7:00-日没(10-3月)
定休日: 毎週木曜&金曜日
URL: http://www.akagi-ff.jp/index.htm

クリーククラブ

本日ご紹介する管理釣り場は、群馬県前橋市にあります"前橋クリーククラブ"ですexclamation×2
こちらの管理釣り場は、元々は春から秋までのブラックバスが主力の管釣りです。
しかし、冬場はバスに代わってトラウトが放流され、大型のスチールヘッドやヤマメ、ドナルドソンが放流されますどんっ(衝撃)
ここは交通の便もよく、関越自動車道 前橋インターから5分〜10分程度で着き、赤城山を見ながらのんびり釣りが楽しめまするんるん
また、スタッフがこれまたとても親切で、釣れないときには的確なアドバイスを丁寧に教えてくれます。
僕は一年を通してよく通っていますが、釣果が上がりやすい釣り場であると思います。
バスなどは釣れないとはいっても、2-3時間で3から5匹はだいたいGETできますし、冬場に釣れなかったというイメージはあまりないんですよねー。
たまたまかなー(長音記号1)たらーっ(汗)
まあ、とにかく行きやすいしお勧めですよわーい(嬉しい顔)るんるん
さて、こちらのクリーククラブ、冬場のポンドにも数こそ少ないですがバスが隠れてますexclamation
なぜか僕はよくバスが釣れるんですが、以前もご紹介したようにバスはスプーンにもよく反応しますexclamation
もし、バス狙いでスプーンを投げるのであれば、僕のおすすめはフォレストの"ミュー 2.2g"ですねexclamation×2
こちらのルアーは、トラウト用スプーンでは王道中の王道ですが、バスにもよく効きます。
カラーはブルー系統、もしくはシルバー系統が良いですよどんっ(衝撃)

フォレスト ミュー(表裏別カラー)
200611100043000.jpg
200611100042001.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。